Amazonプライムビデオラインナップ

Amazonプライムビデオラインナップ

Amazonプライムビデオのラインナップを見るならAmazonのプライムビデオというページを開けると、ラインナップが一覧で見れます。

 

もちろん映画・ドラマ・海外番組・最近追加された番組・映画・バラエティーなどがアイコンとともに見ることができます。

 

もちろんAmazonプライム会員になるだけで無料で見放題の動画配信なので、最新の映画や、放送中のドラマなどは含まれていませんが、アカデミー賞を受賞した作品などわかりやすく表示されています。Amazonプライムビデオのラインナップページを見るだけで年間3,900円がいかに安いかがわかると思います。

 

2015年9月にアメリカの動画サービス「Netflix」が日本に上陸してから、競争が一段と激しさを増している有料動画サービス業界ですが、その中でもずば抜けて安くて付帯サービスも多いのがAmazonプライム会員で自動的に動画配信も見ることができるAmazonプライムビデオです。

 

動画サービスの中でも注目度が高い「Hulu」「Netflix」、「Amazonプライムビデオ」という3つの動画サービスを、全部契約しているという人もいるぐらいです。
つまり、テレビはニュースだけを見て、それ以外のコンテンツは、定額見放題の動画配信サービスからというのが定着しつつあります。

 

「料金」で選ぶなら、Amazonプライムビデオがおすすめです。プライム会員は年会費3,900円(月325円)で見放題となります。

 

2017年6月8日(木)から「月額制プラン」がスタートしました。月額400円でプライムサービスを利用出来ます。長期間使う予定のない方はこちらのプランがオススメです。

 

今年からは動画の他にも音楽聴き放題サービスや、お急ぎ便サービスが使い放題なので、アマゾンユーザーにとってはメリットが非常に大きい制度だといえます。
プライム会員を初めて登録する方は、月額プランでも30日間の無料体験があります。途中から年会費コースに変更することも可能です。

 

Netflixは料金システムが充実しています。「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3つから選択することが出来るので、視聴者の好みに合わせた選択が可能です。

 

Huluは支払い方法の多さに魅力があります。他の2つにはない、「ドコモケータイ払い」「auかんたん決済」の携帯払いに対応しており、携帯電話の料金とまとめて支払うことが出来るので非常に便利です。無料期間が2週間しかない点が少々残念なのと、コンテンツ数も他に比べて課金のものがないので、本数は少ないです。

 

しかも、最新の映画やドラマはコンテンツには入っていないそうなので、どうしても最新作品を!という人はAmazonプライムビデオを選択した方がいいかもしれません。

 

対応デバイスの多さでは、HuluとNetflixがプライムビデオを上回ります。プライムビデオとネットフリックスの魅力は「オフライン再生」に対応している点です。
最近は、動画の視聴にスマートフォンを利用する人が増えています。そういった方を電車でもよく見かけるようになりました。

 

まずはAmazonプライム会員30日無料トライアルを試してみてはいかがでしょうか?