サービス利用料って安いの?

サービス利用料って安いの?

みなさん日本最大級を誇る配信動画会社のユーネクストをご存知でしょうか?

 

日本で初めて有料料金(サービス利用料)も含めた動画配信を始めたGyaoが前身のユーネクストです。

 

つまり、その後にHuru、Netflix、DDM、dTVなどが同じようなサービス利用料をつかった動画配信を開始したのです。つまり、ユーネクストは動画配信の老舗ですね。

 

ただ、ユーネクストは他社と違い、見放題作品のみではありません。
最新の映画、ドラマがPPV(サービス利用料に課金されるシステム)としてコンテンツに含まれています。

 

なんだ、それじゃあ1,990円ではないのか・・・とがっかりされる方もいるかもしれませんが、ユーネクストは毎月1日に1,200円分のポイントを付与してくれます。
それを使えば、映画ならだいたい300円程度の課金なので、月に4本は最新作を観ることができるのです。

 

1,990円から1200ポイントを引けば、実質790円というサービス利用料になります。
これって他社の無料動画しかない数万本のコンテンツ月額とあまりかわらないか安い場合もあります。

 

つまり、見たい動画が含まれているのか、アップデートの頻度、作品数はユーネクストの方が断然多く、ポイントを引けば、価格も安いとなるのです。
この1200ポイントですが、90日の有効期限がありますので、約3ヶ月間は有効です。忙しい月もあれば、夜テレビを見る月もあるでしょう。

 

移動時間が長いときもあれば、ない日もあるなど、ライフスタイルに合わせて使える期間となっています。
また、4つまでアカウントが作れて同時配信も可能なためとてもお得です。

 

仮に4人家族がそれぞれ同時に4つの無料動画を4つのデバイス(TV、PC、タブレット、スマートフォン)で観たとしましょう。
1200円÷4=300円です。1990円定額/月なので、一人たったの197.5円/月となります。少々課金される作品を観たとしても、安いと思いませんか?
上記が、ユーネクストのサービス利用料です。

 

さすがの老舗だけあり、どうしたら視聴者が好きな時間に好きな場所で最新作や観たい作品を視聴できるのかを考えてくれていますよね。

 

もう少し具体的にシミュレーションしてみましょう。もし1月10日に31日間の無料トライアルに申し込んだ場合、2月9日までは無料で見放題で、600円のポイントも使えます。

 

そして、解約手続きをしなかった場合2月10日〜定額契約となってしまいます。2月10日からでも2月1日からでも1,990円の定額には変わりありません。
つまり、無料トライアルを31日間全部使おうと思ったら1日に登録するのが一番お得になりますね。

 

⇒お得なU-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルはこちらから